国立代々木競技場耐震改修等工事プロジェクト(第一体育館等)

architect丹下・久米設計共同体

address東京都

新建築2020年3月号 100P

1964年に竣工した国立代々木競技場(本誌6410)の改修プロジェクト.現状の姿を維持したまま耐震性確保や施設設備の安全対策,バリアフリー化,車いす利用者席の設置,多機能トイレの設置,駐車スペースの確保.アリーナ照明のLED照明化による省エネルギー化,利便性向上のほか,軽量化.また天井中央に吊るされていたスピーカーを分散型にすることで,音環境の性能を向上させるなどさまざまな改修を行った.

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。