やま仙/Yamasen Japanese Restaurant

architect

address海外

新建築2019年5月号 116P

ウガンダの首都カンパラ市南東の外国人駐在者や高所得者の住居が集まる地域に建設された日本料理店.ユーカリ材は,成長が早く,低価格であり,屋根のトラス材や建築現場の足場などに用いられているが,ねじれやゆがみが生じやすいことから,現しの材として現地であまり用いられない.ここでは,材の持つ特性を活かした新たな工法により,現しの材として活用を可能にしている.

close
arrow_left
1/5
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。