UCLAテラサキリサーチセンター

architect阿部仁史アトリエ House & Robertson Architect

address海外

新建築2018年7月号 120P

ロサンゼルスにあるテラサキ研究所のための新しい研究施設.外部から連続する多目的廊下を囲むように,周囲に研究室を配置している.屋根はグラスファイバー補強のPTFE膜からなる.中央にはクローム仕上げによるファイバーグラスで成型したアキュラスを設け,内部と外部の世界を映し出す.

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2018年7月120ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。