ミュージアム・オブ・トゥギャザー 会場構成

architectアトリエ・ワン+筑波大学貝島研究室+チア・アート

address東京都

新建築2017年12月号 198P

SPIRAL(設計:槇文彦+槇総合計画事務所,本誌8601)内に期間限定で設けられた,どんな人にも開かれたアクセシブルな美術館.アウトサイダーアートと現代アートが垣根なく展示されている.既存のスロープの内側に,同じく弧を描く展示壁が配置される.展示壁の高さは770〜2400mmで,低いところでは子どもの目線や座った目線でも見やすいものとなっている.

close
arrow_left
1/3
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。