都路地区公的賃貸住宅・集会所

architect出口敦(監修) 田中大朗建築都市設計事務所 富沢真二郎設計事務所 東京大学大学院新領域創成科学研究科出口研究室

address福島県

新建築2017年2月号 144P

福島県田村市に建つ8戸の二戸一タイプと4戸の戸建てタイプの計12戸の木造平屋と集会所からなる公的賃貸住宅.他地区に先駆けて原発事故による避難指示が全面解除されたことを受け,住民復帰促進のために計画された.二戸一タイプでは広場と通りに面して格子状の耐震壁が配置され,視線・日射をコントロールしつつ生活領域を柔らかく区切る.

close
arrow_left
1/3
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2017年2月144ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。