箱根登山鉄道 3000形 アレグラ号

architect設計・製造 川崎重工業 | 統括デザイン:岡部憲明アーキテクチャーネットワーク

新建築2015年3月号 178P

箱根登山鉄道の25年ぶりとなる新型車両.大型フロントガラスや床からのフルハイトの展望窓など,箱根の自然を体感できるように大きく開けられた開口を特徴とするデザイン.車体はステンレス製で,外装は緑に生えるように緋色と茜色とベースに開発された新色「バーミリオンはこね」で塗装されている.

close
arrow_left
1/3
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2015年3月178ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。