総合せき損センター

architect山下設計

address福岡県

新建築2014年12月号 168P

福岡県飯塚市の山間に建てられた脊椎・脊髄疾患患者のための専門病院.急性期からリハビリテーション,社会復帰までの一連の段階を,敷地全体を療養環境として活用しながらケアすることが求められた.手のひらを広げたような平面計画とし,自然との接点を増幅させた.

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。