• Ja
  • En
購読プラン
arrow_left
紙のカテドラル
Shigeru Ban Architects Europe+ボランタリー・アーキテクツ・ネットワーク(VAN)/ Warren and Mahoney
bookmark_outline
概略
2011年2月22日に発生したカンタベリー地震によって倒壊したニュージーランド,クライストチャーチ市の大聖堂の仮設再建.現地工場でつくられた196本の紙管とLVL材を使用し,700人を収容できる大空間をつくり上げた.紙管の基礎としてコンテナを利用.コンテナの内部は居室として使われる.
所在地
ニュージーランド
掲載誌
新建築 2013年12月号 36P