加賀片山津温泉 街湯

architect谷口吉生/谷口建築設計研究所

address石川県

新建築2013年10月号 40P

市民と観光客が交流できる温泉施設として計画された加賀片山津温泉街湯.幅42m,高さ9.8mの2枚の鉄骨造のガラス壁と,下部の鉄筋コンクリート構造の基壇によって構成される.石川県が整備する柴山潟の護岸堤の上部を遊歩道とし,街湯を拠点としたネットワークによって,街全体が活性化されることを目指す.

close
arrow_left
1/10
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2013年10月40ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。