佐世保の実験住宅 ハウステンボス スマートハウス

architect統括:野城智也 川添善行+原裕介+吉武舞+東京大学 生産技術研究所 川添研究室

address長崎県

新建築2013年7月号 122P

未来の再生可能エネルギー供給の実装・検証を目的として,長崎県佐世保市のハウステンボス内に建設された住宅,実際に人が住み効果を検証していく.佐世保の造船技術を用いて製作された放射柱の中には,大村湾の海水を利用した海水ヒートポンプにより温度調節された冷温水が流れており,建物内部の空調をまかなっている.

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2013年7月122ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。