東京駅丸の内駅舎保存・復原

architectプロジェクト統括:東日本旅客鉄道 ジェイアール東日本建築設計事務所 ジェイアール東日本コンサルタンツ

address東京都

新建築2012年11月号 36P

1914(大正3)年に創建された東京駅丸の内駅舎.戦災で一部焼失し復興工事によって改変された駅舎をできるだけ創建時の状態に復原して保存し,建物全体を免震化する計画.2階建てから3階建てとなり,駅舎の南北ドームに架かる屋根は,創建時の姿(ドーム形状)に戻されている.

close
arrow_left
1/11
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2012年11月36ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。