イエノイエ

architect基本設計:平田晃久建築設計事務所 実施設計:フォンタァジュ

address神奈川県

新建築2008年10月号 66P

運河パークの緑地の中に建てられた仮設の住宅プロトタイプ.横浜トリエンナーレ2008のインフォメーションセンターと,平田氏が参加する「家型研究会」の展示場として使われる.複数のピークを持つ山脈のような屋根.外装は,周囲の芝生がそのまま立ち上がって壁や屋根を形成するイメージから,緑色のアスファルトシングル葺きとしている.

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2008年10月66ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。