最新住宅プロジェクト13題 飯能の小屋

architect高橋堅

address埼玉県

住宅特集2022年1月号 46P

敷地は秩父/奥多摩へと至る自然の森の近くであり、スプロール化した都市の最果ての開発を免れた自然の末端にある。「都市型の住宅でも山小屋でもあるようでいて、そのどちらでもない」ものとして、合理とも非合理ともとらえうる構造形式や、平行六面体の抽象空間と勾配屋根が要請する小屋裏空間をどのように調停させていくか。一義的な意味の定着から逃れ得る、この場所に相応しい住宅を目指している。

close
arrow_left
1/1
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2022年1月46ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。