• Ja
  • En
購読プラン
arrow_left
FLASH
湯浅良介
bookmark_outline
概略
敷地は道路を挟んで畑に面し、西に小高い丘のある郊外住宅地にある。北側斜線を避け最高軒高7mの制限を使い切る屋根形状と配置計画をとり、隣家とヴォリュームや隣棟間隔を合わせている。平面、断面共に455mmのグリッドをガイドとした比率により、柱や梁、方立て、目地のピッチなどが決まっている。
所在地
神奈川県
掲載誌
新建築住宅特集 2021年12月号 26P