塩屋の住居2

architect島田陽/タトアーキテクツ

address兵庫県

住宅特集2021年11月号 76P

姉妹と父の住宅で、狭隘な坂道の位置指定道路に面する古い擁壁の上に建つ。重機が入らないため、人力での搬入・施工が可能な小径の流通材での木造在来工法とした。家型を詰んだような外観で、東西の長手両面にはデッキが張り出している。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2021年11月76ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。