• Ja
  • En
購読プラン
arrow_left
カプセルハウス K 再生
黒川紀章建築都市設計事務所 黒川未来夫
bookmark_outline
概略
黒川紀章がモデルハウスとして建て、その後自身の別荘とした「カプセルハウスK」(1973年)を、宿泊施設として再生するプロジェクト。斜面にひとつのコアを建て、その周囲に「中銀カプセルタワービル」(1972年)と同型のカプセルを4つ取り付け諸室とし、自然との共生が目指された。
所在地
長野県
掲載誌
新建築住宅特集 2021年10月号 14P