河童の家

architect畠山鉄生+吉野太基+アーキペラゴアーキテクツスタジオ

address神奈川県

住宅特集2021年9月号 100P

川崎市の静かな住宅街に建つ。右の住宅の庭の分譲地で、敷地面積は50.32 m2 。幅の広い階段を各階の平面中央に配し、それが動線としてだけでなく、留まることのできる居場所、構造材としての斜材、設備配管を通すための経路としても使えるようにすることで、諸室の関係性や広さが動的になる。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。