江波の家

architect小松隼人建築設計事務所

address広島県

住宅特集2021年8月号 116P

敷地南側は山の擁壁に面し、北側の接道は山を抜けるトンネルの出入り口にあたるため車の往来が激しい。2階南東側に建物と擁壁の間に「接庭(つぎにわ)」を設け、この庭と連続する山の緑を借景とすることで環境と馴染ませ、奥行きをもたせた。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。