緑町の家

architect神永晋吾/TAB

address岐阜県

住宅特集2021年7月号 134P

旗竿敷地に建つ住宅。母屋のある南側は1階をピロティ空間として開放し、東西にある空地を取り込むようにトンネル状の抜けをつくる構成とした。斜材で構成したオープンな架構体に、面材で構成したクローズドな架構体を付随させている。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。