美杉の舞台

architect大室佑介/大室佑介アトリエ+高橋一浩/木神楽+沓沢敬

address三重県

住宅特集2020年11月号 48P

山間の急斜面地に建つ木造の平屋。敷地の造成から竣工まで、建主の自主施工による。床レベルをもち上げる木組みの足元は石場建ての懸造り。平面は910mmのグリッドにのせて設計し、生活の中心となるリビング・キッチンは3間角の正方形として中央に配置。バルコニーに面する開口部には制作の木製建具を外付けし、左右に引き込み全開放できる。

close
arrow_left
1/6
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。