MAYA 鎌倉

architect早坂直貴/邸宅巣箱

address神奈川県

住宅特集2020年10月号 110P

築90年の屋敷を改修し、建主が将来的に利用するまでは一棟貸しの宿泊施設として運営される。室内はFL+2.5mに張られていた既存天井を剥がし、露わとなった小屋組は生かして、新たにFL+2.5mの準耐力壁を挿入し構造補強をおこなっている。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2020年10月110ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。