• Ja
  • En
購読プラン
arrow_left
泉涌寺道の町家
bookmark_outline
森田一弥+吉川青/森田一弥建築設計事務所
概略
築100年ほどの町家を、ギャラリー兼別荘として改修。日本の工芸品や現代美術などを展示できるギャラリー棟(手前)と、和室を主とした宿泊棟(奥)の2棟は、細い路地庭を介して繋がる。2棟間の路地を塞いでいた既存浴室を撤去して大きなガラス面を設けることで、安定した光を室内に導き、同時に敷地全体まで視線が抜けるようにした。
所在地
日本|京都府
掲載誌
住宅特集 2020年10月号 54P