生垣の中の家

architect栗原健太郎+岩月美穂/studio velocity一級建築士事務所

address愛知県

住宅特集2020年3月号 32P

住宅街の南北に長い敷地に建つ。この地域は道幅が狭く住宅同士が切迫しており、プライバシーを確保するために多くの家が高い生垣や塀を有している。そこで、既存の生垣を残してその高さよりも下に生活空間としてのコアをバラバラに配置し、生垣より高い位置に12枚屋根を架けた。そうすることで生垣と屋根の間に隙間が生まれ、敷地の外へ視線が抜ける。

close
arrow_left
1/5
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。