八度の家

architectKMKa/松下希和

address東京都

住宅特集2020年2月号 110P

2層に渡って内外の空間を貫く厚さ150mm、幅1,200mmのLVL壁柱は、屋根面までの1枚のパネルとなっており、連続して配置することで建物全体を貫く構造壁となる。建物の重量のほか長辺方向の地震力を支え、2階部分ではLVLの弱軸方向を利用することで短辺方向にほとんど壁のない空間としている。屋根はLVL壁の西側は南面に、東側は北面に向かって高くなるように、それぞれ8度傾斜している。

close
arrow_left
1/3
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2020年2月110ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。