• Ja
  • En
購読プラン
arrow_left
縮景の杜
岸本和彦/acaa
bookmark_outline
概略
両親の住む実家(右手前)の敷地の一角に建つ。約7m角の矩形のヴォリュームで、室内では120mm径の4本の丸柱が屋根の荷重を受けると同時に緩やかに場を仕切る。頂部のトップライトからの光を2階の主な光源としている。
所在地
神奈川県
掲載誌
新建築住宅特集 2019年12月号 110P