門川の家

architect江藤健太アトリエ

address宮崎県

住宅特集2019年11月号 136P

北側に田んぼが広がり、西側に川が流れるのどかな場所に建つ。17m角の敷地から4方を少しずつセットバックし、8m角のヴォリュームを配置。周辺環境へ圧迫感を与えないように高さを6mに抑え、内部の気積を最大化するため立方体とした。1階を南北に3分割し、真ん中に吹抜けのホールを配置。親戚が集まる大きな場をもち、各部屋がホールを介して繋がる計画とした。

close
arrow_left
1/3
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。