染井・ブラスハウス

architect小林佐絵子+塩崎太伸/アトリエコ

address東京都

住宅特集2019年4月号 112P

周辺の敷地にできた抜けに合わせて家型の半分を大きく視線の抜けをつくる動線空間とし、もう半分を閉じたホールとする。壁・天井をシルバー色塗装した階段空間は外の世界を映し込み、光を反射し、開口を通じて間接的にホールを照らす。階段空間から続くテラスの上にはCLTによる薄い屋根が架かる。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2019年4月112ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。