• Ja
  • En
購読プラン
arrow_left
芦屋の家
山崎壮―建築設計事務所
bookmark_outline
概略
車の往来が多い道路の交差点に位置する敷地で、煩雑な周辺環境から住まいを守りつつ、街と繋がる構成として2階のリビングを高さ1, 575mmの腰壁で囲い、その上を水平連続窓としている。キッチンを中心とし、交差点に向かって放射状に開くように勾配屋根が架けられる。
所在地
兵庫県
掲載誌
新建築住宅特集 2017年6月号 154P