山野草のコックピット

architect中村拓志& NAP建築設計事務所

address長野県

住宅特集2015年11月号 12P

軽井沢の四季折々の山野草が自生する山林に建ち、地面と同種の山野草が広がる屋根面の一部にコックピットのように書斎がもち上げられている。軽井沢特有の湿気とは無縁の土地に建ち、敷地の草原を保存するように、屋根面の約50種の山野草が植えられている。

close
arrow_left
1/5
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2015年11月12ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。