武蔵小山の家

architect井上玄/ GEN INOUE

address東京都

住宅特集2015年9月号 138P

敷地は間口4. 5mで奥行きは28mに及び、10の隣地と接している。1階、2階とも短手スパン3, 100mmに筋交いを掛け、1階は2階床梁の間を構造用合板で固めて耐力フレームとし、三角形部分を壁面として間仕切りの役割を兼ねる。2階は上部に3角形の外部を挿入し、安定した間接光を採り込む。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2015年9月138ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。