• Ja
  • En
購読プラン
arrow_left
さんたろう館
里山建築研究所
bookmark_outline
概略
復興が進む被災地に、板倉構法による核家族を想定した標準仕様住宅のモデルハウスと、寄り合い所を兼ねて建てられた2階建ての小屋。給湯のために外部に薪ボイラーが設置されている。
所在地
宮城県
掲載誌
新建築住宅特集 2015年6月号 94P