王禅寺の住宅

architect川辺直哉建築設計事務所

address神奈川県

住宅特集2015年5月号 116P

雛壇状に造成された敷地は擁壁の高さを抑え、建物自体も2層と平屋を組み合せて最高高さを5, 270mmとし、周囲の家よりも低くしている。敷地の4角に空地を取って居室と外部の関係を密接にすると共に、隣家への日射と風の抜けを確保する。2層部分は50×240mmの梁を400mmピッチで内外にわたって連続させ、屋根面の面内剛性を高めて連なる開口部を実現している。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2015年5月116ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。