松ノ木の住居

architectタトアーキテクツ/島田陽建築設計事務所

address東京都

住宅特集2015年5月号 52P

仕上げの異なる約半層分の高さのヴォリュームをずらしながら積層させた住宅。ヴォリュームが張り出した部分をテラスや庇として利用して、内外を繋ぐ領域とし、隣接する外部環境と室内、半外部空間がひとまとまりとなった場所を建物外周にまとわせている。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2015年5月52ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。