House I

architect篠崎弘之建築設計事務所

address栃木県

住宅特集2015年3月号 94P

多角形平面によって生まれた近隣との緩衝空間によって、周辺に対して囲いながらも緩やかに開く。変形八角形の平面は、アーチ型にくり貫かれた4つの壁が構造を担い、外壁はすべて自立壁。中央がダイニング、周囲に玄関やキッチン、ベッドスペースが位置する。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。