芦屋の住宅

architect安藤忠雄建築研究所 安藤忠雄

address兵庫県

住宅特集2014年12月号 12P

間口7m、奥行25mの敷地を生かし、南北方向に伸びる筒状の空間を2階レベルに設置。天井から壁にかけて300mm幅のトップライトを二重に切り込み、東壁面には7, 200mmに渡るスリット窓を開けて、光の陰影により多様な居場所をつくり出している。

close
arrow_left
1/6
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2014年12月12ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。