• Ja
  • En
購読プラン
arrow_left
芦屋の住宅
安藤忠雄建築研究所 安藤忠雄
bookmark_outline
概略
間口7m、奥行25mの敷地を生かし、南北方向に伸びる筒状の空間を2階レベルに設置。天井から壁にかけて300mm幅のトップライトを二重に切り込み、東壁面には7, 200mmに渡るスリット窓を開けて、光の陰影により多様な居場所をつくり出している。
所在地
兵庫県
掲載誌
新建築住宅特集 2014年12月号 12P