礫明 第一期

architect川口通正+川口琢磨

address東京都

住宅特集2013年11月号 24P

“第一期”と冠した住宅であり、現段階では建築の骨格のみつくることをコンセプトに、内部は下地材が現しになったままの状態の空間が広がる。空間を仕切る建具もまだ入っておらず、その中でも石膏ボード現しの壁はスクエアエッジのボードに真鍮ビスが最大450mmピッチで打ち込まれた、精度の高い施工がなされている。

close
arrow_left
1/6
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2013年11月24ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。