• Ja
  • En
購読プラン
arrow_left
礫明 第一期
川口通正+川口琢磨
bookmark_outline
概略
“第一期”と冠した住宅であり、現段階では建築の骨格のみつくることをコンセプトに、内部は下地材が現しになったままの状態の空間が広がる。空間を仕切る建具もまだ入っておらず、その中でも石膏ボード現しの壁はスクエアエッジのボードに真鍮ビスが最大450mmピッチで打ち込まれた、精度の高い施工がなされている。
所在地
東京都
掲載誌
新建築住宅特集 2013年11月号 24P