透き間の家

architect村田基幸+安田綾香/L&Cdesign 協力 間下奈津子/間下建築設計室

address千葉市

住宅特集2013年6月号 124P

南東に眺望が広がる間口16. 2mの擁壁の上に建つ。建物のヴォリュームを分割し、その隙間に路地のような半外部空間 (= 土間) を挿入しており、各室にはこの透き間を通ってアクセスする。豊かなシークエンス、多様なシーンが生まれるように、各室の天井の高さを変えたり、開口の位置や寸法などに変化をもたせながら視線の抜けや止まりがデザインされている。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2013年6月124ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。