KRAMPON

architect荒谷省午建築研究所

address兵庫県

住宅特集2013年6月号 100P

南北方向に11mの高低差があり硬質な岩盤質の敷地に対して、3つのヴォリュームを斜面に引っかけるように配置。掘削と基礎は最小限となる。地形を上り下りする体験を室内にも展開。三角形の階段室兼ライブラリー空間を上ると2階はデッキのあるシームレスな居室空間。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2013年6月100ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。