KAH

architect平瀬有人+平瀬祐子|yHaarchitects

address熊本県

住宅特集2013年3月号 150P

既存の煉瓦の擁壁と一体となるように建物を構成している。プランはほぼ正方形の平面に機能をもった3つのコアを挿入することで空間を緩やかに分節し、南北を切り欠くように設えたテラスにより光を採り込むと共に内外を緩やかにつないでいる。全体は対角線上に棟を設け、棟に対してほぼ直交するように垂木を架けた切妻形態の大屋根で覆われる。また4隅の高さを変えることで、高さ方向にも多様な居場所をもたらしている。

close
arrow_left
1/5
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2013年3月150ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。