岩瀬の家

architect堀内剛一郎 設計協力:時森康一郎

address千葉県

住宅特集2013年3月号 142P

3つのヴォリュームを並列に並べ、それらが建つことで風、光、風景が遮られないことを意図しながらその大きさが決められている。中央の大きなリビングダイニングキッチンが、エントランス側と寝室側をつなぐ空間となり、生活での空間移動と共に、水平に切り取られた開口部から風景がパラレルにとらえられる。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2013年3月142ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。