スキマノイエ

architect富永哲史/富永哲史建築設計室 横尾真/OUVI

address東京都

住宅特集2012年3月号 54P

建物の中心部に水平、垂直方向にスリットを設け、光と景色を取り込んでいる。半屋外的なスリット空間は居室間の移動部にあたるため、移動時に瞬間的に感じた景色が無意識の中にうっすらと残るような知覚の仕方が促される。外部にとってはスリット越しに視線が抜けるため、空間意識を共有することができる。

close
arrow_left
1/5
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。