壬生川の家

architect河口佳介/K2-DESIGN

address愛媛県

住宅特集2011年7月号 144P

ロード自転車のメンテナンスをしたり子供の遊び場となる土間と生活の場であるLDKを近づけるため、並列に隣り合うよう土間をプランの中心まで回し込んでいる。また東に設えられた大開口部と土間とLDKの間に柱が出ないように、大断面の集成材の梁 (120×900mm) を架けて、約11mの夢中空間を実現している。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。