HOUSE−O

architect大藪元宏建築研究所

address神奈川県

住宅特集2011年7月号 62P

街並みに対し、どのように開きかつ閉じるかということをキーワードに、正方形のヴォリュームから回転、分割などの操作をすることで、都市のコンテクストを引き込んだ内部空間となっている。 構造は外壁殻構造で、内部空間には耐震要素が存在しない。そのため、現在は2つのアトリエと住居からなる住宅だが、今後のインフィルの更新は自由に行うことが可能で、住宅スケールの建築に都市的状況が生まれている。

close
arrow_left
1/6
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。