護国寺の二世帯住宅

architect小笠原正豊建築設計事務所

address東京都

住宅特集2011年5月号 118P

傾斜地の私道の突き当たりに位置する二世帯住宅。外装は、60×210mm角の炻器質タイルを目地10mmで貼り、そのモジュールから窓回りなど外観の納まりを決定している。2・3階は、親世帯と子世帯をほぼ同じ平面で重ね、2階の子世帯は床レベルを、3階の親世帯は天井高さと仕上げを変えることで、食堂・居間・座敷の空間に変化を付けている。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2011年5月118ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。