物質試行50 下田の住宅

architect鈴木了二/鈴木了二建築計画事務所

address静岡県

住宅特集2011年4月号 88P

音の膨張 / 圧縮効果である「DUB」は建築にもかけられるのか。つまり仮にその建物を膨張 / 圧縮させた時に、作家の特質が維持されるものを「DUBがかかる」建築とし、本質が損なわれるものを「DUBがかからない」建築と定義して、本住宅にて実践、検証している。空間は極端に天井高の高いキッチンや中2階の和室、2階の居室などさまざまなヴォリュームからなる。また南、東、西の3つの立面に開口はなく、内庭やテラスとして機能する3つのヴォイドから採光や通風を確保している。「DUB」がかかるためには、プランや断面計画、ディテールも可能な限りシームレス、フレームレス、スケールレスとする必要があるため、空間の構成のほか使用する色、壁や床の仕上げ、家庭用サッシや水切りなどの納まりなどまで細かにコントロールされている。

close
arrow_left
1/7
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2011年4月88ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。