Winding W

architect駒田剛司+駒田由香/駒田建築設計事務所

address茨城県

住宅特集2011年3月号 126P

ワークスペースと家族のための場所が施主いわく「豊かなバラック」として実現することが望まれた。そこで段ボールハウスのつくり方からヒントを得て、カクカクと折れ曲がる1枚の壁と、それを塞ぐ1枚の屋根で構成している。構造は折れ曲がる壁で負担し、また出隅の両壁を外壁と同じガルバリウム鋼板、入隅の両壁をOSBボードとし、内部に外部が入り込む感覚ももたらしている。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2011年3月126ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。