山踏の家

architect早草睦惠/セルスペース

address群馬県

住宅特集2011年1月号 98P

小高い山の尾根付近の、自然公園法から限定された幅5mから7m程度の帯状の部分に建てられた計画。地形に手を加えないよう、斜面に沿ってカーブを描くプランが採用された。内部にもそのまま地形が取り込まれるよう、カーブと傾斜を活かした段差が設えられ、自然との一体感を得ると共にさまざまな生活の居場所をつくり出している。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2011年1月98ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。