蓼科の家

architect堀部安嗣建築設計事務所

address長野県

住宅特集2011年1月号 77P

周囲の家の存在をなるべく感じさせないことや、厳しい寒さの冬期にも使用することを考え、必要な場所に必要なだけの開口部をもつ別荘としている。トンネルや洞窟の出口のような開口部からは印象的に風景と光が採り込まれる。壁面に用いられているサワラの板が周囲の緑、光や影を映し出しさまざまな色に変化することで、より一層その風景を印象深いものにしている。

close
arrow_left
1/6
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2011年1月77ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。