結城の大きな屋根

architect長崎辰哉/アトリエハレト

address茨城県

住宅特集2010年8月号 130P

外周部に居室を配して屋外と関係付け、階段室といった建物の中心にある移動空間を抽象的につくり上げている。そのことで生活のシーンが重層される住宅の風景を豊かな体験として建築が内包できるように意図されている。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。