織の家

architect植木幹也+植木茶織/スタジオシナプス

address群馬県

住宅特集2010年4月号 88P

住宅の機能を配置した五つの領域を層状に配し、その層を貫くように中央の層に開口を設けている。その開口にはテーブルや本棚が納まっていて、離れた場所からは領域の境界面として認識されるが、近づくと空間として認識される。「身体的つながり」と「視覚的つながり」としての開口を設けることで、空間に奥行をもたらしている。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2010年4月88ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。